読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

色々と感謝

こんにちわ。谷川です。

 

てか当面はもはや谷川からのブログのみとなりますがついつい名前の挨拶が日課となっておりました。

 

いやはや

先日の6月20日はアルブの顔として実ってくれていたスタッフ加藤くんの最終勤務日で事実上退社日となりました。

 

f:id:aluvous:20160620205149j:plain

(寿司とった。)

 

加藤くんのブログにもありますように

 

日頃よりご愛顧頂いております皆様や

この日のために久々にお越しいただいた皆様等

 

たくさんの方にご来店いただき最終日なのにしめっぽくならずに楽しい幸せな時間を与えてくださった皆様、本当にありがとうございます。

 

"退社する"

 

という発表後、色々な物をいただいたりしている加藤くんを横から見ていて

「羨ましいな〜」(←馬鹿野郎)

と思いながら

 

そんな皆様へのありがたい気持ちとともに

 

加藤くんはお客さんの皆様に愛されているな〜

 

とても実感していて、なんかいいな〜こういうの。って素直に思いました。

 

あ、物をくれるからいいなとかそんなんやなく(←糞野郎)

 

こうして人一人。

"加藤くんのために”

動いてくれる皆様の想いが

 

僕自身もとっても嬉しい気持ちになりましたし

とってもいいな〜と思いました。

 

本当にありがとうございました。

 

 

正直日時が過ぎるのは本当に早いもので

 

ちょいと昔話ですが

最初に彼に出会ったのは以前の職場での面接です。

まだ大学在学中だったかな?

やたら丁寧に喋ってたのが

「めんどくさげやな〜なんやこいつ」

て思ったのが最初の印象でした。笑

 

その時は他にも候補がいたんですけど

もう一人の候補が柔軟性のありそうな平たくいえば"普通な子"だったので

 

うーん、どっちかな〜、育たせやすい、いうこと聞きやすそうなのはこっちやろな〜

と、思いながらも

いや、ここで自分に甘えていうこと聞くやつとっても店のためにもならんし自分のためにもならん!て思っていわゆる"自我が万万そうな”加藤くんを選ぶことにしました笑

 

これがまあ的中して

がんがん丁寧に提案してきながらも"個"をぶつけてくる加藤くんによってセレクトもまた新たによくなっていき一緒にやっていきました。

 

その後僕が前の会社を退社して独立する際も

自ら一緒に働きたいと申し出て来てくれたし

僕もとってもありがたかったわけです。感謝。

 

そんなこんなで彼と一緒に働いて6年ぐらいかな??ざっくりわからんすけど

早いもんです。

 

少し話がごっちゃになりましたが

 

去年の暮れのクリスマスイブに

「春夏を持って退社しようかと思います」

と、これまたぶっ飛んだクリスマスプレゼントをくれたあの日がほんの1週間ぐらい前?みたいな感覚に陥るぐらいに、年取ると日々のすぎ去りが半端ないです。

 

何がいいたかったというと 

大げさに言えば人生なんてあっちゅうまです。

 

そう。あっちゅうま。(あっという間ね)

 

だからこそ

動き出したいタイミングの人間に

 

「いや、やめてもらったら困る」

 

なんてことは言わないし

 

彼の退社はすんなり受け入れれました。

ほんと今後も好きなことを楽しく頑張ってやっていってほしいなと思います。

 

"ALuvous "という木についていることにより

 

自然と抑制されてた部分もあるかと思うので

 

木から実ってとんでいったことと共に

 

足かせが無くなり

 

また自由になったことにより

 

より一層のクレイションの向上を期待しているし

 

遠くから

見守っていきたいと思います。

 

そんな感じで

皆様も加藤くんの今後に注目して応援いただけますと幸いです。

 

文章がごちゃごちゃなのはご容赦下さい。

伝わるでしょう。

とりあえず頭にあった感じはこんな感じです。

 

なんにせよ

僕の仕事の甘え(結局甘えてる)にも耐えてくれて良くしてくれた加藤くんに本当に感謝です。

今までありがとう。

 

そして

加藤くんの為にお集りいただいた皆様にも感謝です。

本当にありがとうございます。

 

長々と書きましたが

色々と日々感謝だなと、実感しております。

 

今後ともアルブと谷川を

そして独立していった加藤くんを

 

何卒よろしくお願い申し上げます。

 

 

谷川