読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ついてない(テキストのみ)

こんばんわ。

 

今ようやくカタログ制作が終わって

後は入稿用にラストにサイズ等全て再確認していこー

ってことで見直してたら。

 

サイズないやん。

作ってるサイズのフォーマットないやん。。

 

データを作ってたサイズを打ち込んでサイズ検索しても

 

該当サイズがございませんってでるんです。

 

なんべんやっても(←あたりまえ)

 

マジんガーですほんま。

 

一気に気分を損なわれたので今こうしてブログを書いて気分転換してる次第です。

 

いやー

マジうっかりやったーーー

むかつくーーーー

 

朝から試練の連続やーほんまーーー

 

朝は何があったかというと

 

今日は眼がどうも調子悪いので眼科行こうと思って

朝9時オープンの眼科に9時10分に行ったらすでに人でパンパン。

 

「は?」

 

てなりました。めちゃ繁盛してるなー、こりゃちょい時間かかるか〜と。

 

いや、まあ混むのはしゃあないことです。

てことで受付にて初診ですと伝え問診票書いてくれというので書く。

終わってからではお待ち下さいとのことで待つ。

 

待つ。

 

待つ。

 

待つ。

 

 

 

。。。

 

待つ事1時間。

ようやく名前呼ばれた思ってたって呼ばれた方いこう思ったら

「あーそこでお待ち下さい。こちらから行きますので。」

と、無表情の女。(←看護師?医者?ようわからんけど)

 

黙って僕は座ってた位置に戻る。

 

女が来る。

 

女「今日はどうしましたか?」

 

僕「え?(時間とまる)」

何故止まったかというとこの女の手元には僕がある程度細かく書いた問診票があり、今日来た理由も書いてある。

それにこれだけ待たせてお前の疲れた感じの無表情感なんやねん。

てのもあわさってリアル「ザ ワールド」に陥りました。

 

(この間1秒程)

 

僕「あ、えーっと、、」(ザ ワールドとけた)

かぶせぎみに女

女「目に痛みとかあるんですねー、いつからですか??」

 

またまた

「ザ ワールド」

 

(↑なんでかってこれも書いてるのでね。これまた1秒程)

僕「い、一ヶ月ぐらい続いてる感じです」(ザ ワールドとけた)

 

女「今現在何かお薬とかは使用しておりますか??」

 

またまたまた

「ザ ワールド」

 

(↑これももちろん記載済みなので。これは0.5秒程でさすがに我にかえって)

僕「書いているんですけど点眼薬を2種類使用しております」(さすがに慣れた)

女「・・・(2秒程確認して)点眼ですね〜。では少々お待ち下さい」

 

。。

 

はーーーー?!

 

か!!!

 

何や今の間は!!!!

 

どこにお前がザ ワールドにかかる要素があった!?んんーーーー!!!

くうううううウ!!

腹立つーーー!!!

なんやねんーーーーー!!!

「お待たせしております」の一言ぐらいないんかい!

流行ってるとか思ってあぐらかいてる感満載やんけこのメスブタ!!(太ってはない)

っと、これほど病院で待つのはなんだか久方ぶりでテンションMAXになってきちゃいまして僕の心情は神砂嵐のように荒れ狂ってますです。

 

それからまた15分程待ってようやく診察。

 

先生「どうなさいました?」

 

また「ザ ワールド」か。

さすがにもう慣れて効かんわあああ!!

 

 

僕「えーっと、眼が1月程腫れたりひいたり痛みがあったりを両の眼で繰り返してる感じです」

よし、普通にいえた。

 

先生「ふむ。はい、じゃあちょっと診ますね〜。あごのせて下さい〜」

 

眼をみてもらう(2秒ぐらい)

 

先生「1月ぐらいですか〜?」

僕「そうですね〜、大体それぐらいです」

先生「今は何かお薬は〜?」

僕「ちょっと名前忘れましたが点眼薬を2種類しております。問診票にも記載してるのでそちらに名称は書いてい、、」

被せ気味で

先生「あー◯◯ですね〜。わかりました〜。」

先生「ではとりあえず今までとは違ってばい菌用の物をだしときますね〜。これで2週間程様子見て下さい。ではお大事に〜。」

 

ここで「ザ ワールド」きた。

 

1.5秒程とまる僕。(あまりに急に終わったしほぼ他に症状について聞かれないので)

 

僕「あ、終わりでしょうか?」

 

先生「はい、2種類だしときますからね〜。ばい菌用のね。また2週間後来て下さい。」

僕「あ、はい。ありがとうございました。」

先生&看護師「お大事に〜」

 

以上、診察時間3分ぐらい。

 

ばい菌ばい菌誇張せんでも一回きいたらわかりますよ僕だって。

ほんでアナタほぼ症状についての確認もないし眼も両目にと伝えてんのに片眼しかみないのはどういう了見だ。

 

スピーディにやるのは結構だしそうしないとこれだけの患者をさばけないのはわかるがあまりにお粗末ではないだろうか。

 

しょうみ僕は医者でもなんでもない医療には知識皆無のど素人の服屋ですが

僕は患者であって「お金を払う側」なのでやはり多少の不満はあります。

 

ほんで何回問診票に書いてる同じことをお前ら全員聞いてくんの?

◯◯なんですね〜どうですか〜?

とか書いてることに対しての質問じゃないのは何故だ?何のための問診票だ?

ネタか?と、マジ思いました。(だから最後の先生の下りの最後以外はザワールドは僕には通用してない)

 

待つのは患者さんも多いので仕方がないし

問診票の確認、連絡ミス等も忙しいなら仕方ないしなんべんでも応えますが

診察はちゃんとして欲しいなーって思いました。

 

いや、まあ眼科はこれぐらいのスピードですよ?ていうのも百も承知です。

が、そう思うのです。

 

ちゃんと「診て」ほしいし聞いて欲しいし不安を解消して欲しいんです。

て今日はなんだか思いました。

 

ほんで結局院を出たのが10時30分ですよ。

ビビりました。眼科恐るべし。

そしてこんだけ待つってことは想定外やったので色々予定が狂って

キイイイイイーーーーーーーでした。てのが朝あったこと。

 

「あァァァんまりだァァアァ」 

 

て感じ。

 

あー

なんかばばーって書いたらちょいとすっきりしたので

 

今からまた制作に戻ります。

 

憂鬱。

 

 

 

谷川