びっくりだ

こんばんわ。

今日はふとこんな記事みましたので感想でも書いておきます。

 

内容としては下記(全文)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

男性の1カ月の洋服代は3000円未満――。カルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)がTカードを所有する18~69歳の男女1600人を対象に行った「ファッションに関するアンケート調査」で、ファッションへの支出に厳しい消費者の姿が改めて浮き彫りになった。

 洋服の購入頻度については男女ともに「2~3カ月に1回」がトップ。次点は男性が「半年に1回」、女性が「月に1回」だった。1カ月当たりの洋服の購入金額は、男性で「3000円未満」(30.9%)、女性で「5000~1万円未満」(28.2%)がそれぞれ最多になった。洋服を買ってから手放すまでの期間は、女性が「2~3年程度」(28.5%)が多かったのに対して、男性は「擦り切れるまで」(30.4%)が1位だった。洋服にかける金額や購買頻度だけでなく、捨てるタイミングでも男女の違いが鮮明に出た。

 ふだん洋服を買う場所(男女総合、複数選択)は、1位「ショッピングセンター・ショッピングモール」(64.1%)、2位「ネットショップ」(38.8%)、3位「アウトレット」(30.6%)、4位「百貨店」(21.5%)、5位「セレクトショップ」(20.5%)の順番だった。男女ともに50~69歳の3人に1人が「ネットショップ」で洋服を買っていることも分かった。

現在、興味・関心があることを尋ねたところ、女性の回答は1位「食」(45.0%)、2位「旅行」(38.6%)で、3位に「洋服・ファッション」(34.4%)が登場し、以下「健康」(31.0%)、「エンタメ」(25.3%)と続いた。男性では「洋服・ファッション」への関心は16.4%に留まり、ベスト5にも入らなかった。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

WWD JAPANのホームページに昨日掲載されていた記事となります。

 

アンケート調査的にはたかだか1600人程度のアンケート調査なので

全体的な信憑性といいますかリアリティはあまり感じ取れませんが

2,3ヶ月に1回の買い物で3000円平均て。。。

衝撃的な内容ですよね。

捨てるタイミングについては擦り切れるまでという点は全然わかりますけど。

買う頻度がこれじゃあ、ね。

そら中々洋服は買わない時代になってきてるってことでしょうかね。

 

衣・食・住

 

の中でももはや一番どうでもいい部類のカルチャーになのか。

むむ〜。

この要因としては

 

消費税率の問題や

不景気とされている社会的な問題

ファストファッション全盛とファッションに対する情熱の欠落

 

てな感じでしょうか。

なんにせよ

洋服に関する価値観を今一度あげていきたいもんです!!!

何か考えなければ!!!!

 

日々考えていこうかな。

今更思ったんだ。

 

ていうね。

何にせよアルブをご利用いただいている皆様や

うちでセレクトしているようなお洋服を日頃より購入している皆様方にとっては

糞どうでもいい記事かと思いますが

これが一般層だぞ。ていう情報でした。

 

そんでもって僕にとっては

常に「良い」と思っていただける物をセレクトしていって

あの服着たい!なんて思っていただけるよう努力するのみだな〜と再認識した。

そんな記事でした。

 

そんな感じで

今後共アルブを宜しくお願い申し上げます。

 

 

谷川

広告を非表示にする