読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

イギリスつながり

こんばんわ。

谷川です。

 

今日ふとyoutube覗いてたら

あの映画の続編がやることを発見しましたー!

 

そう。

 

トレインスポッティング

 

の、続編です。

20年ぶりの続編。

まあみるからにおじさん体型にみなさんなられておりますが

やっぱ外人さんは渋いですねw

 

あ、皆さん知ってますか?

トレインスポッティング

若かりしユアン・マクレガーが出演していて作品です。

f:id:aluvous:20170221191721j:plain

かっこいいっすよね。うん。かっこいい。

僕も始めてユアン・マクレガーを知ったのがこの映画で坊主やのにめちゃんこかっこいいな〜って思ったのが懐かしい限りです。

映画の詳細はウィキって下さい。

まあ完結にいえば薬中の若者達の青春映画?です。

オシャレやしかっこいいし映像もイケてるので見たことない人は是非見てみて下さい^^

なんしその続編。

予告もイケてるしちょい気になる映画ですね〜!!

 

と、ちょいみつけて懐かしい〜!ってなったので紹介してみました。

 

そんなイギリス映画をご紹介したので

イギリスつながりで

今日はこちら。

f:id:aluvous:20170221192426j:plain

 

liberum arbitriumです。

映画は20年前なのでそれよりももっと昔の1950年代のイギリスのファッションにインスピレーションを得た今シーズンのliberum arbitrium。

その時代に流行ったテッズといういわゆるギャング、不良っぽいファッションをくみこんだこちらのジャケットのネーミングのエドワーディアンとはその時代と貴族の背景を映し出したようなデザインのものとなっているのでこういったネーミングに。

 

貴族的なファッションとギャング的なファッション、そしてアーティスト"グスタフ・クリムト"を独自の解釈でデザインされた今シーズンのliberum arbitriumの世界観はまさに上にあげたルックが物語っているのかなと思います。

 

さて、少し話が脱線しましたが

こちらの着用のジャケットやシャツはまさにそういった部分がわかりやすく反映されているな〜と思ったので載せてみました。

ほんで一見個性が強そうな雰囲気にみえますが以外にも使い勝手もよろしいので是非是非チェックしてみて下さい。

ちなみにスタイリングでも着てみましたがこんな感じです。

f:id:aluvous:20170221120956j:plain

 

スタイリングでの着用は襟を立たせるようなラフな感じで着てみましたがいかがでしょうか。ええ感じですよね?うん、我ながらええ感じ←

 

SABREのサングラスもええ感じに、マッチングしてくれて◎

 

かっちりシャツで着るのもいいですが

ロング&リーンなバランス感ですし生地感もラフな印象なのであえてこういったデニムでのラフなストリート感をプラスしたような着こなしに結構ハマるかな〜なんて思いました。

もっちりガチガチでモードな雰囲気での着用もかっこいいのでそういった着こなしもオススメ。

要はどちらにもふれるってのはキャパが広いので使えるぞ!ってことです。

ご参考までに。

 

んな感じで

本日はもうじき閉店ガラガラですが

明日も皆様のご利用を心よりお待ち申し上げます。

 

 

谷川